スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日1クリックいただけると助かります↓



第二十九章 与沢翼の昔話④(私が今中学生ならヤフオクをやっていた!)

皆さんこんにちわ!

今日はネオヒルズ族与沢翼の「個人ビジネス」に焦点を当てたいと思います。
彼は中学2年生の頃から福袋を使って、友人間で売買を繰り返していました。

稼ぎの才能は中学生時代から健在だったようですね。

//////////////////////////////////////////////////
皆さん、こんばんは。

与沢 翼です。

本日は、私が中学の頃から行っていた個人ビジネスのことをお話しようと思います。

7話だけ、3つの内容がありますので、分けてお伝えします。

洋服の福袋 編

バイクの問屋 編

金融 編

第2章

⇒  7話 個人としてのビジネス

洋服の福袋 編

中学2年のころから、同年代の友人たちや中学の後輩や先輩、他校の友達などから、いらくなった洋服をもらって集めていました。

そして、これらをまとめて10枚とかで、5000円や1万円でまた別の友人、先輩、後輩たちに売ります。

福袋にするのがポイントで、以下のメリットがあります。

◆単価が一定で、取引がしやすい。

◆まとまったお金になる。

◆売上の目標が立てやすい。

◆買った側の満足度が高い。

◆買う側にわくわく感がある。

◆売れ残りがなくせる。

◆少々変な洋服も良いものと組み合わせることで全体として商品になる。

原価は0で、粗利は100%でした。

これだけで月の収入は相当ありました。

当時は、エアーマックスが爆発的にはやった時期で、ナイキの靴全般は、場合によっては、少し仕入れ代を支払って集め、利益を乗せて、売ったりもしていました。

また、ヒップホップ系のノーチカやカールカナイなどはものすごく人気があったので、母に買ってもらった服などもガンガン売って、収入を回していました。

なので、中学生とはいえ、当時のプラダの財布には常に2~30万円は入っているようなリッチな状態だったのです。

そのお金でナンパした女子高生と遊んでいました(笑

金は親からもらうより、稼いだ方が早いし、金額もでかい

といつも思っていました。

今でいえば、私が中学生であれば、100%間違いなくヤフオクをやっていると思います。

当時は、対面営業オンリーでしたが、今なら全国の不特定多数を相手にできます。

中学生であっても月に100万円は稼げたのではないかと思ってしまいます。

それぐらい個人ビジネスで考えればネットオークションはすごいものです。

以上です。

//////////////////////////////////////////////////

彼が今中学生なら、間違いなく、ヤフオクで荒稼ぎしていたでしょう。

長文お読み頂きありがとうございました。
スポンサーサイト
1日1クリックいただけると助かります↓



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

XXXX

Author:XXXX
・性別:男
・職業:公認会計士
・好きなもの:パソコン、読書
・嫌いなもの:マンゴー、英語
・血液型:A型
・現住所:東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
与沢翼関連書籍&DVD
スーパー フリーエージェント スタイル 21世紀型ビジネスの成功条件

管理人おススメ度★★★★☆

秒速で1億円稼ぐ条件
管理人おススメ度★★☆☆☆

秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ
管理人おススメ度★☆☆☆☆

ネオヒルズ・ジャパン 与沢翼責任編集長
管理人おススメ度★☆☆☆☆

与沢翼物語-平成の肉食主義-
管理人おススメ度★★★☆☆

「お金持ちになる彼」を見つけて、育てました。(与沢翼との関係:元カノ 著者:山田るり子)
管理人おススメ度★☆☆☆☆

告白-秒速で転落した真実-
管理人おススメ度★★★☆☆

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。