スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日1クリックいただけると助かります↓



第二十六章 与沢翼の昔話①(鳶・工場勤務も経験!?多彩なバイト経験)

皆さんこんにちわ!

今日から何回かに分けて、ネオヒルズ族与沢翼の昔話を「ビジネス・仕事」の切口から紹介したいと思います。

今現在の彼はフェラーリやロールスロイスに乗り、高級賃貸マンションに住んでいるわけで、これだけだと反感しか覚えませんよね笑。ただ、以下のブログを読むと15歳ほどのときから「個人ビジネス」「バイト」経験があっていまの社長としての与沢翼があるんだと理解できるかもしれません。

以下は与沢のブログの2010年11月(もう3年も前ですね笑)「6話 15才、初めての仕事」から転載しています。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////
第2章 社会へ

 ⇒ 6話 15才、初めての仕事

高校を中退した私が、最初に向かったのは、家から100mのガソリンスタンド出光でした。

行った瞬間採用されました(笑

15歳はねぇ〜、ダメなんだよね〜、本当はね〜

とか言いながら、制服とマニュアルを速攻で持ってきて手渡されたのです。

時給は680円

これが最初の仕事でした。

オーライ、オーライ、オーライ、オッケーで〜っす。

ハイオクでしょうか?レギュラーでしょうか?

窓お拭きしてよろしいですか〜?

こんなマニュアルをひたすら覚えさせられました。

出光のつなぎが当時、究極にダサく見えて、本当にしんどかったです。

こんなガソリンスタンドに中学時代のパンピー(一般人を当時こう呼んでいましたw)が来たら、笑い物になっちまう。

と、かっこのことばかり気にしていたのをよく覚えています。

しか〜し、1か月ぐらいしか続きませんでしたね。

今思うと、うちの社員で当欠や遅刻、ばっくれなどはけしからん、ありえない、などと怒っていますが、

当時の私を考えてみれば、余裕でばっくれていたものです。

人のこと言えませんね。

ただ、この職場で学んだことが一つあります。

それは仕事というのは、マニュアルで管理され、何度も呪文のように唱えることで、誰でも同じように仕事ができるようになるんだな、ということです。

この視点は自分でビジネスをやる方にとっては大切なことですね。

さて、そんなこんなで1か月で飛んだ私は、次に地元で高校中退軍団に大人気だった野菜工場という怪しい工場に就職したのです。

たしか時給は800円

なぜあれほど人気が高かったのか今でもよくわかりませんが、

おそらく驚異の採用率にあったんだと思います。

私たちのように中卒、馬鹿そう、不良と3拍子揃った人間でも、誰でも採用してもらえたのです。

その結果、私たちのグループの実に8割が一度は就職したほどの人気企業になったのですw

専務と呼ばれるおばちゃんが現場を指揮し採用も全て行っていましたが、このおばちゃんの採用に関する目は完全に節穴であったと言わざるを得ません。

私たちは次々にやめ、野菜工場の人材は流動化していました。

ただし、実は、母親には喜ばれていたのです。

それは、野菜を毎日持って帰ってあげていたからです。

母の車で毎朝送ってもらっていました。

不良だった俺が働いてくれるだけ嬉しいと、母は喜んでいたものです。

この野菜持ちかえりも不良の家庭には優しかったのかもしれません。

が、ここも2〜3か月でやめてしまいました。

ただ、当時の2〜3か月というのは結構友人達から褒められたりします。

当時の友人たちは、初出勤して2時間後に

無理だ〜

といって、帰ってきてしまうのです。

なので2〜3か月は結構すごいのです。

野菜工場で得られる教訓は、

採用率100%の専務はまずいということ

そして、

野菜などの商品を一部従業員に還元することで、求人に困らない人気企業となれることです。



さて、そのあとも私は、転々とするのですが、

今度は、お弁当工場というのが流行りました。

時給850円です。

うちのグループのK君が見つけてきた案件で、セブンイレブンのおにぎりやお弁当を、ベルトコンベヤーの敷き詰められた工場で作る仕事です。

髪にはネットをまき、手を消毒し、全身真っ白の白装束をまとい、マスクとゴム手袋をします。

人であることはわかれど、誰だか全くわかりません。

マイケルやカトリーヌなどの外人さんもわんさかいます。

なぜこれが流行ったのか今でも理解に苦しむのですが、とりあえずお弁当を作るのは意外に面白かったということかもしれません。

また、

これも採用率が高ったことが挙げられます。

血液検査などをして、病気などがない場合ほぼ全員受かるのです。

が、中の良い友達が検査で何かあり、落ちたときは、みんで笑いました。

本人は相当へこんでいましたが。笑

しかも教えてくれないので、ずっと気になる仕組みです。

そんなこんなで、他にも2〜3日やってはやめた仕事も数多く。

いづれにしても、単調な作業の繰り返しに飽き飽きして、何か次のステップに行こうと考えました。

そう、土方です。

土方は現場がころころ変わるし、

穴を掘る → 管を抜く  → 新しい管を埋める  →  コンクリートとジャリで穴を埋める

など作業が、起承転結(w)になっているので、なかなか飽きないのです。

私は、下水の配管工事というのを最初にやりました。

ランマーという機械で、公道をぶっこわすのは楽しいですよ。

体全体が揺れて、ぶるぶるします。

それに道を、ほうきで掃いたりしてw

土方のやりがいは、結構大きいものでした。

最初の日などは、筋肉痛で動けなくなりましたが、土方のあとの飯は、今でも思いますが、何よりもうまいです。

それに体力・筋力は相当つきます。

10代のときにやれたのはありがたかったですね。

また、親方から、現金で給料を渡されるのも爽快でした。

土方では、解体や、鳶(とび)、夜勤などもやりました。

鳶(とび)は怖くてしゃれにならないです。

2階、3階の鉄筋の上を平気で歩きます。

それも鉄筋を持って。

後にも先にも鳶(とび)が一番ハードでした。

以上ような形で私は色々と職種を広げ、仕事を通じて社会というものを少しずつ知っていったのです。

逆にデスクワークなどは一度もしたことがありません。

事務という仕事の意味がわからなかったぐらいです。

事務なんてどうやったら付けるのかと思っていました。

求人に事務と出ていると、これは怪しいとかみんなで言っていましたからw

これら以外にも20ほど仕事をしたと思いますが、そちらは、

9話の貯金700万円ができるまで

のところでお話したいと思います。

それでは、6話はこの辺で^^
/////////////////////////////////////////////////////////////////////

いかがだったでしょうか。今回挙げただけでも、ガソリンスタンド、野菜・お弁当工場、土方と10代のうちに本当に色々なことを経験しています。次回は大学時代のバイトから彼のブログを紹介します。

長文お読み頂きありがとうございました。


スポンサーサイト
1日1クリックいただけると助かります↓



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

XXXX

Author:XXXX
・性別:男
・職業:公認会計士
・好きなもの:パソコン、読書
・嫌いなもの:マンゴー、英語
・血液型:A型
・現住所:東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
与沢翼関連書籍&DVD
スーパー フリーエージェント スタイル 21世紀型ビジネスの成功条件

管理人おススメ度★★★★☆

秒速で1億円稼ぐ条件
管理人おススメ度★★☆☆☆

秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ
管理人おススメ度★☆☆☆☆

ネオヒルズ・ジャパン 与沢翼責任編集長
管理人おススメ度★☆☆☆☆

与沢翼物語-平成の肉食主義-
管理人おススメ度★★★☆☆

「お金持ちになる彼」を見つけて、育てました。(与沢翼との関係:元カノ 著者:山田るり子)
管理人おススメ度★☆☆☆☆

告白-秒速で転落した真実-
管理人おススメ度★★★☆☆

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。